Profile

 

 

1997 鶴来アートフェスティバル 石川 Tsurugi Art Festival, Ishikawa グループ展 Group Exhibitions

2016    PEACE 9, Nagoya

2017 奥能登国際芸術祭 Oku-Noto triennale

2017   Gallery G, Hiroshima

-------------------------

2019 金沢21世紀美術館 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa -------------------------
19XX 日本生まれ Born in Japan to a mother and a father who experienced the exodus from Manchuria and current North Korea as infants after Japan' s defeat in WWII 1999 金沢美術工芸大学美術科彫刻専攻中退 Left Kanazawa Collage of Art (Sculpture course, Fine Arts department) 2001 IMIコンテンポラリーアートコース修了 Finished Contemporary Art Course at Inter-Medium Institute

2014    momurag gallery, Kyoto

個展 Solo Exhibitions

2016   2kw Gallery, Osaka

-------------------------

2018   Art Spot Korin, Kyoto

-------------------------

Painting

 

Performance

 

 

Text

 

 

  • 0戦
  • Zero fight. 

    Zero fight.

     

    It may seem like the previous world war, but it’s that of today.

     

    "Zero" does not stand for 2,600 years of the Emperor era

    and "fight" does not stand for the KAMIKAZE warplane.

     

    "Zero" stands for waste.

    It’s about all the waste that I generate.

    "Fight" stands for my battle.

     

    All the waste, generated by humans’ insane and never-satisfied desire,

    has filled every corner of this planet and now floats all around.

    These are the goods that have been branded as ‘worthless’ by owners,

    discarded and swept away into oblivion.

    We humans discard goods, that once were valuable to us,

    without gratitude nor mourning.

    Such a state of mind is the cause of all the destruction and pollution.

     

    It’s zero. For me, there is nothing worthless. Therefore, for me there is zero waste.

     

    With these finite and valuable goods,

    using my own finite and valuable life,

    on this finite and valuable planet,

    with all my waste,

    I will proudly sing a crazy funeral song

    with gratitude and for all lives that have been ravaged by humans.

     

    This is my battle called ART.

    This is today’s zero fight.

     

    I will fight as long as my life lasts.

     

     

     

     

  • 未来派DADADA宣言
    未来派DADADA宣言 2016 "水を大地を空を守り、 すべての生命を聖なるものとして尊び、 世界の平和を祈り続ける アメリカ先住民は、 NYCの街なみに光輝く、 ウォール街の栄光と名誉よりも美しい" 現代文明が、 この星の全球を覆い尽くした20世紀。 その初頭において、人間理性についての 全否定がなされた。 DA DA。100年前、ヨーロッパで想像を絶する屍が積み上げられた第一次世界大戦。その戦火から逃れ、スイスに集まった芸術家達により提唱されたこの運動は、やはり戦争に向かいゆく社会の、人間の、理性そのものを激しく否定した。世界に伝播した前衛的で破壊的なこの運動は、その後シュールレアリズムへと変化し、カウンターカルチャーとしてあり、ビートジェネレーション、フラワームーブメント、そしてロック、パンク等音楽、文化全般に思想的表現的部分は受け継がれ、芸術に、社会に認知され、現代文明に内包されていった。 21世紀初頭。わが祖国日本は第二次大戦以前へと逆行するかのような政策を実現しつつあり、国際社会も人類の意識も100年前からなんら大きな変化をしていないことを再認識した。やはりそれはまた戦争へと向かおうとしている。人間と戦争。存在の根幹へと思考を向かわせるこの関係を、我々は直視し、考察し続けねばならない。それは、あたかも人生における死の苦しみから逃れたくても、けして逃れることができないように。 そして、100年前にはまだ表面化していなかった巨大な乖離がある。人間中心主義の考えからなされた環境破壊という愚行は、すでにとりかえしがつかない大問題に発展している。その中心は、この星の、この環境下で生息している一生命種である我々人間が(最も進化しているなどと自惚れ)、地球生態系環境を経済優先の大号令のもと、好き放題荒らしまくり、蹂躙し、収奪しつくし、他の生命種を次々と絶滅においやり続け、自らを存立の危機におとしいれるまでに破壊し、毒を撒き散らし続けているという、人間とこの星の自然法則との小さく巨大な乖離だ。自らの生命を、今まさに育んでいる母体を穢す行為を我々人間は毎日毎日続けているのだ。何気ない日常が生みだす狂気の沙汰はさらなる狂気を生みだすしかないのだ。 原因となる、我々地球人類を概観した時、反省の色はほぼみられず。他の生物との共存が思考に登場することもほぼない。改善しようとする兆候はすこしはみられるものの、乖離と過失はあまりにも大きく、そして抜本的解決策はいまだない。日々の破壊と汚染の速度は、人口爆発のそれに負けず劣らずだ。 これが、僕達、私達の生まれた時代だ。 これが、僕達、私達の生きる時代だ。 そう。これが現代だ。 かりそめの人権とみせかけの自由をあたえられ贅沢の限りをつくし、堕落し、ふざけた税金の使われ方をしていようと、放射能を撒き散らされていようと、特別秘密保護法や共謀罪によって基本的人権が犯されようとしていても、安保法制により自国民が戦場に赴き他国民を殺し、殺されるような状況下においこまれていても、怒ることもせず、できず、抗うこともせず、できず、声をあげることすらなくなり、やられたい放題のうすらボケた家畜と化し、全体の空気に自発的に隷従する我々現代日本人に、尊厳と権利の為に闘うのだ。と言ってみたところで馬の耳に念仏だ。 そして毎日の僕達私達の生活が、快適と利便性とを過度に追求した日々の行いが、地球生態系環境の大破壊大絶滅として時間の経過とともに自らの首と心を絞めあげ続けているのだ。 すべてを放棄し、 すべてを滅茶苦茶にして、 この星から今すぐ消え去りたい気分だ。 価値観のすべてに反を唱えたDADAは、 結果として人間意識と芸術の領域を広げ、 ひとつの運動として世界に名をのこし、 歴史に内包された。 なぜか? 芸術的価値観に限界はないからだ。 人間意識は、精神世界は無限かつ永遠なのだ。 それは宇宙創生ビックバンのように、 拡張し拡大し続けるのだ。 それは我々人類に与えられた"叡智"なのだ。 この身体はあるのだ。 この身体はないのだ。 この世界はあるのだ。 この世界はないのだ。 この宇宙は感知した時にあり、 感知しなければないのだ。 感知する五感はあるのだが、 感知する五感はないのだ。 ないということがあるのだ。 あるということがないのだ。 現代のDADAは、理性も芸術も否定しない。 いや、否定しえないのだ。 現代のDADAは、理性を肯定するのだ。 現代のDADAは、芸術を肯定するのだ。 現代のDADAは、人類社会の闇を内包し、 肯定することからはじめるのだ。 現代のDADAは未来を肯定するのだ。 それなくして醜く美しい人間を、 人間の存在を理解することはできない。 それなくして残酷で華麗な生命を、 生命の存在を認識することはできない。 現代もDADAだ。 現代のDADAだ。 現代はDADADA。 現代もDADAだ。 現代のDADAだ。 現代はDADADA。 現代もDADAだ。 現代のDADAだ。 現代はDADADA。 未来もDADADA。 未来はDADADA。 未来派DADADA。
  • Futuristic DADADA Manifesto

    Futuristic DADADA Manifesto     2016

    – a crazy dirge from modern Japan, dedicated to all the Dadaists and avant-garde artists who lived a century ago

     

    "Native Americans protect water, earth and sky, respecting all living things as sacred beings. They pray continuously for peace in the world. Their beauty outshines the glory and honor of Wall Street gleaming in the lights of New York City."

     

    In the 20th century, modern civilization filled the entire planet.

    At the outset, the reasoning of mankind was completely denied.

     

    DADA: A hundred years ago, Europe experienced WWI, which left an unimaginable number of corpses in piles. Escaping from the war, artists gathered in Switzerland and launched this art movement, which strongly rejected the logic and reasoning of a society that had relentlessly marched into war.

    This avant-garde and defiant movement spread to the rest of the world and later transformed into surrealism and its idea and expression has been passed down through music and culture as forms of counter-culture like beatnik, the flower movement, rock, or punk. In time it became recognized and integrated into art and society to become a part of modern culture.

     

    Now, in the early 21st century, my home country of Japan is advocating policies that make it appear as if the country is going back to the pre-WWII era. Once again, I see that international society and human consciousness have made no major progress in the last century. It is marching once again to war. Men and war. We must look straight at it and keep thinking about this relationship that compels us to question the root of our own existence. We must do so, just as we must face the agony of death, even if we dearly wish not to.

     

    And now there is another massive divergence that was not apparent a hundred years ago. This insanity called environmental destruction, which is caused by anthropocentrism has already brought about an irreversible catastrophe.

    It’s centered around the small, yet massive gap between Earth’s natural laws and us, mankind, who are just one of the species living in this environment on this planet. Yet we overestimate ourselves to be the most advanced entity, while devastating, trampling on and exploiting the Earth’s ecosystem under the decree of ‘economics-first’, as we continually force other species to extinctions, disperse poisons, and even threatening our own survival by this destruction.

    Every single day, we humans relentlessly pollute our Mother Earth, who is nurturing us, even at this very moment.

    Insanity generated by our normal everyday life generates further insanity.

     

    Nevertheless, we humans, the cause of all this, are showing practically no sign of remorse, and coexistence with other lives seems to be inconceivable to the majority of us. Even though there is a faint light of contrition, the gap is too deep and the fault is too great. There is no fundamental solution yet. Devastation and pollution are going on at the same rate as that of the population explosion.

     

    This is the time we were born in. This is the time we live in. Yes, this is the today’s world.

     

    I am telling this to my fellow Japanese citizens today, who are given false human rights and fake freedom, corrupt and indulging in lavishness. Those who do not rage or even cannot rage, who do not protest or even cannot protest, or even cannot raise their voice, who are domesticated like dumb animals, exploited to the core and willingly held in bondage by the ‘air’ of the society. They sit in silence when their own country is wasting tax money on despicable purposes, dispersing radiation, and is about to violate their basic human rights by the state secrets law and the anti-conspiracy law, and even when the government, through the national security law, could send off citizens of Japan to the battlefield to kill people, or to be killed, in other countries. I say fight for your dignity and rights.

    But I know it's like water off a duck's back.

    Our everyday behavior, or incessant craving for comfort and convenience, is strangling us, both in body and spirit, and it has surfaced as mass environmental destruction and mass extinction over time.

     

    I want to destroy and abandon everything and vanish from this planet right now.

     

    Dada denied every single value and eventually expanded human consciousness and widened the horizons of art. It was integrated into history and came to be known worldwide as a form of movement.

    Why? Because there is no end to artistic values.

    Human consciousness, or spirituality, is infinite and eternal. Just like the big bang, the origin of the universe, it keeps expanding.

    That is the wisdom given to us, humans.

     

    This body is existent.

    This body is non-existent.

    This world is existent.

    This world is non-existent.

    The universe exists when it is perceived and does not exist when it is not perceived. Five senses perceive it exists, but five senses do not exist. Non-existence exists. Existence does not exist.

     

    Today’s DADA denies neither intelligence nor art.

    It's impossible to deny them.

     

    Today’s DADA says yes to intelligence.

    Today’s DADA says yes to art.

    Today’s DADA integrates the darkness of human society and starts by affirming it. Today’s DADA says yes to the future.

     

    Without doing so, it’s impossible to understand human beings,

    or human existence that is ugly and yet beautiful.

    Without doing so, it’s impossible to recognize life,

    or the existence of life that is cruel and yet magnificent.

     

    Today is also DADA.

    It’s today’s DADA.

    Today is DADADA.

     

    Today is also DADA.

    Today’s DADA.

    Today is DADADA.

     

    The future is also DADADA.

    The future is DADADA.

    Futuristic DADADA.

     

     

     

     

     

Writing

 

 

  • 「世界平和」 -HIROSHIMA FLAME-
    「世界平和」 -HIROSHIMA FLAME- 祈りをこめて 2000年4月。大阪市内に引っ越した。ミナミの繁華街に近く、アメリカ村まで歩いて2,3ブロックほどだった。春から通いはじめたアートスクールにも、地下鉄で少しの距離になった。改装自由のこのマンションは、バブルが弾け、荒れ果て、ボロボロになっていたところを外観のペンキを塗りなおし、アーティストやクリエーターを専門に賃貸するという珍しいものだった。手塚治虫のような芸術家が生まれるようにと、願いを込めてのことだろう"火の鳥"と名付けられていた。そこそこ広く、造形のARTをやっていて、都会暮らしに憧れた田舎者には、願ってもない物件だった。この頃の僕は、学生時代の読書感想文と、受験勉強以外は、美術書をちらちら眺める程度で、一冊の本も読んだ事がないことが自慢ですらあった。TVラジオ新聞インターネットすらなく、文字自体を読むとゆうことが非常に億劫で重かった。週刊漫画をたまに読むだけで、政治や国際情勢など知りもしなかったし、他人事で関心をしめさなかった。田舎の慣習で引っ越し蕎麦をつくった。両隣の部屋に挨拶にいったのだが、来てくれたのは一方隣りの人達だけだった。その部屋ではチベットの映画を編集していた。「まず知ること」と、在日韓国人の監督は言った。中国軍に銃で狙われ、射殺される危険があるなか、腰まで埋まり、クレパスに落下し、絶命する可能性のある雪のヒマラヤを越え、凍傷で指を切断してまでネパールに亡命してきた、チベット人へのインタビュー映像があった。"ひどい拷問をうけ、日常生活もままならず、こうして外国の人に話すことくらいしかできない。チベットのことを忘れないで" 泣きじゃくりながら肩を震わせ話すその姿を、克明に記憶している。精神が壊れてしまっている様子だった。この映像に心を叩かれたことが、ひとつの出発点となる。彼女の叫びを無視することも、忘れさることも、もう一生できないだろう。1950年にはじまった中国人民解放軍の武力制圧と併合により、いまだ多くのチベット人が、残酷な差別と圧政の苦しみから、決死でヒマラヤ山脈を越え、亡命を続けている。6000以上の寺院、仏像経典がことごとく破壊され、焼きはらわれ、僧侶民衆も拷問虐殺されている。その数は約120万人と言われる。映画の最後に登場する、チベット最高指導者ダライ・ラマ14世は、それでも、なお、笑顔をたやすことなく、中国との対話を望み続けている。 2000年10月。急遽‪朝7時‬野田阪神駅に集合することになった。はじめてPEACE WALKに参加した朝だった。生気なく、青ざめた表情で駅に向かう通勤の人々ひとりひとりとすれ違いながら、生きた歩を進める、アメリカ先住民を中心に集まったWALK一団があった。このコントラストが強く印象的にのこっている。スタッフと呼ばれる、鹿の角や鷹の羽をあしらった木の杖は、何かのアンテナのようで、ばらばらにそれぞれのペースで歩く一団をひとつにまとめ、守ってくれているかのようにたしかに観えた。兵庫県に入り武庫川あたりの公園を歩いていた時、前を歩く白髪の日本人が突然立ち止まった。すぐ後ろを歩いていたので、僕も立ち止まらざるをえなかった。見ると彼は、右を向いて立っていた。と、すぐに向いた方向に歩きだして、5m程先の並木の向こう側に回りこみ、暫くして戻ってきた。両手にはムクドリの亡骸が抱えられていた。見える距離ではなかった。このエゴむきだしの、金金金の享楽狂乱の世の中で、平和を願い祈り、子供達までがひとつになって歩くPEACE WALKに胸を打たれていた僕に、さらに強烈な印象を叩き込んだ。たった一日の出来事だった。 2001年9月。旅から戻って暫くしたある日、マンションの管理会社の社員が僕の部屋を訪れた。住みはじめて一年半で、目に見えて迫ってきていた店舗乱立の流れに飲み込まれ、管理会社が変わりリノベーションをすることになるというのだ。突然の退去勧告だった。眼鏡に紺色のスーツをきた中年男性は最後にこう付け加え、すぐに立ち去っていった。 「でていくといってもアメリカだけは辞めた方がいいと思いますけど。」 突然の訪問と勧告に驚きはしたが、どうしてアメリカにいくなと言いのこしたのか不思議に思った。数日して友人がやってきた。なんの情報源も持たなかった僕に、彼女は開口一番にこれをみるようにと、新聞を目の前にひろげた。巨大なふたつの超高層ビルに旅客機が突っ込み炎上している写真が目に飛び込んだ。9.11だった。人間はこんな事までやってしまうのかと、恐ろしさを隠すことはできなかった。開けっ放しの窓から見える、大阪ミナミのビル群が、ニューヨークの街とだぶって見えた。日本も、過去の戦争の恨みで、同じような日が来るかもしれないと思った。引っ越しの為、まとまったお金を稼ぐ必要にせまらた。北海道で住み込みのバイトをみつけ、しぶしぶ好条件の611号室を後にし、遠く道東まで向かった。 第二次世界大戦末期1945年8月6日午前8時15分。広島に投下された原子爆弾は、一瞬にして、約10万人の人命と、そこに生きづいたすべての生命を亡きものにした。 ‪3日後、8月9日午前11時2分。長崎にも同じ惨劇が繰り返された。‬ 日本軍は大戦中、アジア太平洋で約2000万人の人命を奪い、約300万人の日本人の命も、また奪われた。(民間人約100万人、軍人約200万人のうち餓死約100万人)信じられない程の未曾有の大量虐殺であり大惨事だった。 3回目の召集で、広島県大乗村(現竹原市)の陸軍船舶部隊で勤務していた山本達夫さんは、敗戦後すぐ、親戚の営む書店に向かった。(山本さんは、連絡係として広島市内の路面電車で移動中被爆。一瞬で廃墟と化した街を、憎しみとともに彷徨い、おびただしい数の死体と、身体中が焼けただれ瀕死の状態でもがき苦しむたくさんの人々をみた。"いっそ殺してくれ"と嘆願され何人かの方々の呼吸をとめた。凄まじい、その体験からずいぶん苦しんだと聞いた)原爆ドームにほど近い、叔父の書店は跡形もなかった。しかし、地下の書庫にいまだ消えやらぬ炎がゆらゆらとゆらめいていた。彼は、出征時に祖母からもらったポケットカイロにその"火"を移し、郷里福岡県八女郡星野村(現八女市星野)に持ち帰った。山本さんにとって、その"火"は、叔父家族を、日本人を焼き殺した憎しみの"火"であった。しかし祖母は、息子が"火"になって帰ってきたと涙し、仏壇の蝋燭と囲炉裏に灯された。それから、その"火"は絶えることなく、現在も星野に灯され続けている。 ネイティヴアメリカン、アベナキ族のメディスンマンとニューヨーク州にある日本山妙法寺の尼僧は、この"火"を携え、平和を祈り、亀の島の大地を歩くことを祈願された。 2001年10月。道東中標津で、このPEACE WALKの話しを聞き終わった時、すでに歩く決意はかたまっていた。その時にはじめて知り、今も燃え続けるという原爆の"火"を、西海岸シアトルから東海岸ニューヨークまで北米大陸を横断し、歩き運ぶのである。ゴールは9.11 Ground 0。それは、まさに爆心地から爆心地への旅である。歴史的事象に参加できることに興奮を覚えた。この話しを教えてくれた友人と、準備の為大阪に戻った僕は、アメリカ村のとある天婦羅屋へいくことになった。食事を終え、談笑していると、奥からひとりの女性のお坊さんが現れた。 「WALKにいくのなら2階に来て下さい」 僕達は2階の仏間に通された。驚くことに、そこには、星野村からたった今、到着したばかりの、あの広島の"火"が待ちかまえていた。驚いた僕達ふたりを尻目にその尼僧は、このPEACE WALKを歩くことがいかに大変かを切々と話しはじめた。延々と続く話しの最中、僕は運命のようなものを感じずにはいられなかった。"火"はこの後、神戸を出港し、ハワイ経由でメキシコに渡り、陸路シアトルに向かった。 2002年2月。僕は弟とともに、ロッキー山脈の東麓コロラド州デンバーに降りたった。ビザのない日本人が、パスポートだけで許可される滞在期間は3ヶ月。ゴールの5月ニューヨークまで歩くにはスタートの1月をはずし2月をまつしかなかった。ロッキー山脈の東コロラド州デンバーの街で、合流する予定でいた僕達兄弟はWALK一行に電話をかけた。すると、ほんの少しの時間差ですれちがっていた。一行はすぐバスで移動するとゆう。電話口の声は、先にアラバマ州ハンツビルまで行け、と言いのこしきれてしまった。我々はバスを乗り継ぎながらハンツビルに向かった。アラバマ州にたどり着くまでに一週間ほどかかった。途中一行と連絡をとるため、毎日毎日何回も何回も電話をかけたのだがぜんぜんつながらない。何故なのかまったくわからない。かけ方を何回も確認したが間違えているわけでもない。今日、このバスステーションで合流できなければ、一行はいったいどこにいるのかさえわからない状況になった。その日も例によって何回か電話をしていたが、いっこうに一行にはつながらない。もうバスステーションで泊まるしかない。と思っていた矢先、ついに連絡がとれた。今日は、バス乗り換えの荷物検査のため遅れていて、到着することはないとのことだった。電話がつながらない間、僕達兄弟ははじめての英語圏で言葉も通じず途方にくれていた。その辛抱と不安の期間は、なにか、から歩く意志を試されているかのようだった。 数日後、ようやく"火"と再会できた。3月になっていた。ここから日本人僧侶3、4名、ネイティヴアメリカン2名、アメリカ人10名弱と日本人5、6名に、僕達兄弟を加えた計20数名のWALK一行は、先住民チェロキー族が強制移住させられた"涙の旅路"という道を逆行し、アメリカ南部を祈り歩く。 "涙の旅路"は1838年に行われた。東からおしよせ人口を拡大させる白人が、先住民の土地を奪う為、1830年に制定したインディアン強制移住法にのっとり、アパラチア山脈南麓の肥沃な土地で、文字や憲法まで創り出し、独立国家の体をなしていた約15000人と言われるチェロキー族をミシシッピー川以西においやった。先にセミノール族チョクトー族チカソー族クリーク族が強制移住させられた。食糧も少なく、飢えと病に苦しみながら、休むこともゆるされず、鞭打たれ、たおれゆく人々は放置され、その行進は強硬された。アメリカ史にのこるこの残酷な行進で、約4分の1の人々が道中に亡くなったと言われる。その道を歩く時、一行のなかの先住民は、まさしく涙を流しながらの行進だった。 この"涙の旅路"を歩く時、両親のことを思った。日本の敗戦が濃厚になってきた頃、父は朝鮮半島、母は満州に生まれた。大日本帝国占領下、日本人は様々な地域に植民した。1945年第二次世界大戦敗戦後、大陸からの引き揚げ家族も、非情悲惨残酷な逃避行を生きのびてきている。共産軍に命をねらわれ、女は犯され、金品持ち物は強奪され、野草や木の実を食べ、ゴミ箱をあさりながら食いつなぎ、鉄道を歩き、すし詰めの列車と船を乗り継ぎなんとか日本にたどり着いた。あえなく惨殺され、飢えと病にたおれ亡くなった方々は約20万人にのぼる。父方の祖母も、母方の祖母も「あの時、兵隊さんにもらった金平糖がなかったら、赤ちゃんは、、、。」食べ物もなく、両祖母の乳はとうに枯れていたからだった。アメリカ先住民の、メディスンマンの涙を、他人事に感じることはできなかった。 もう一人、涙を流しながら歩いている。一行の中で唯一のアフリカンアメリカンだ。この道の両脇に、延々と続く綿花畑。それは、黒人が奴隷として酷使され続けてきた歴史をもつ。その昔、奴隷だった黒人は、北極星をみて進路を北へ、差別のないカナダを目指し逃避行をしたという。彼は、それにちなみノーススターと名乗っていた。南北戦争により解放されるまで、約200年間続いた黒人奴隷制度は、1864年黒人法、1964年公民権法により少しづつ改正され人権は確保されてきた。しかし、差別意識が今も色濃いアメリカ南部では、当時から10年程前は、白人用のトイレと、黒人用のトイレは別々だったと聞かされた。なるほど、確かに閑静な住宅街には裕福そうな白人家族しかみかけることはなかったし、平屋建ての庭のつながった簡素な住宅地には、きまって黒人しかみかけなかった。彼が歩くときに持つ地球の旗には「ONE PEOPLE. ONE EARTH」と大きく書かれていた。 小用で一行から離れ、一人暫く小さな街を歩いている時、高いフェンスばりの学校の運動場から、数人の白人の子供達が、こちらを向いてなにやら叫んでいるのが聞こえてきた。耳をこらしてみると「Kill you!! Kill you!!」と言っているのである。正直これには驚いた。南部は白人至上主義者が多数を占めると聞いてはいたが、これが有色人種に対する、あからさまな差別だということは感じとれた。この後も差別的行為には何度もあうことになるが、この時のことは、はじめて受けた人種差別として、今もはっきりと脳裏に刻まれている。 南無妙法蓮華経。南無妙法蓮華経。連呼は歩いている間ずっと続く。アメリカに来てこてこての仏教である。南無妙法蓮華経は毎朝のお祈りからはじまり、歩きはじめる前から歩き終わるまで。その日の宿泊先に"火"の祭壇を設けて到着次第すぐ。毎回の食事の時も、出会いにも別れにも南無妙法蓮華経である。祈りに徹したその行為は神々しくあった。が、正直なところはじめは疲れた。毎日30km弱くたくたになるまで歩き、朝は暗い時間からのお祈りではじまる。ビジュルと英語では言っていたが、朝の礼拝である。南無妙法蓮華経からはじまり、各々宗教宗派、個人的な祈りとともに、毎朝唄われた歌がふたつあった。ひとつは「アメージンググレース」奴隷船の船長の懺悔の歌である。チェロキーの人々は、この歌をチェロキー語で唄い、強制移住の過酷な旅路で、気持ちを鼓舞し、歩いたという。現代においても、チェロキーネーションでは、この歌は唄いつがれているそうである。
    「Amazing grace」 Amazing grace, How sweet the sound, That saved a wretch like me… I once was lost but now am found, Was blind, but now, I see. アメージンググレース なんて美しい響きなのでしょう 私のようなものまで救ってくださる 道を踏み外し彷徨っていた私を 神は救い上げてくださり 今までみえなかった神の恵みを 今はみることができる。 T'was grace that taught… my heart to fear. And Grace, my fears relieved. How precious did that Grace appear… the hour I first believed. 神の恵みこそが私の恐れる心を諭し その恐れから心を解き放ち給う 信じることをはじめたその時の 神の恵みのなんと尊いことか Through many dangers, toils and snares… we have already come. T'was Grace that brought us safe thus fear… and Grace will lead us home. これまで多くの危機苦しみ誘惑があったが 私を救い導きたもうたのは 他でもない神の恵みであった The Lord has promised good to me, His Word my hope secures, He will my sield and portion be As long as life endures. 主は私に約束された 主の御言葉は私の望みとなり 主は私の盾となり私の一部となった 命の続く限り Yes,when this heart and flesh shall fail, And mortal life shall cease, I shall possess within the vail, A life of joy and peace. そうだこの心と体が朽ち果て そして限りある命が止むとき 私はベールに包まれ 喜びと安らぎを手に入れるのだ The earth shall soon dissolve like snow, The sun forbear to shine, But God,Who called me here bellow, Will be forever mine. やがて大地が雪のように溶け 太陽が輝くのをやめても 私を召された主は 永遠に私のものだ When we’ve been hear ten thousand years… bright shining as the sun. We’ve no less days to sing God's praise… then when we've fist begun 何万年経とうとも 太陽のように光り輝き 最初に歌いはじめたとき以上に 神の恵みを歌い讃え続けることだろう もうひとつの歌は、今でも大切にとってある譜面から歌詞を参照しよう。 「青い空」 青い空は 青いままで 子供らに 伝えたい 燃える 8月の朝 影まで燃えつきた 父の 母の 兄弟たちの 命の重みを 肩に背負って 胸に抱いて 青い空は 青いままで 子供らに伝えたい あの夜 星は黙って 連れ去っていった 父の 母の 兄弟たちの 命の重みを 今流す灯篭の 光にこめて 青い空は 青いままで 子供らに伝えたい すべての国から 戦の火を消して 平和と愛と 友情の 命の輝きを このかたい握手と 歌声にこめて アラバマ州からテネシー州へは数日でたどり着いた。アメリカでは街々で警察官の制服も法律も変わる。ある街では、3人以上で歩くことすら禁止されていて、我々一行は事情聴取の為、逮捕されないまでも、暫く足どめをくらうこともあった。ある街では歩いている最中に、罵声をあびせながら猛スピードで走ってくる自動車から、生卵を投げつけられることもあった。宿泊先は毎日様々で、何人かばらばらにホームステイの時もあれば、キリスト教の教会の礼拝堂で、皆で雑魚寝するときもあった。それも様々な宗派があった。メソジスト、バップティスト、クェーカー、ユダヤ教の教会やチベットからの亡命者が住む家にお世話になったこともあった。当時のアメリカは、911の影響で平和の為になにか出来る事を探している人々が多かった。その為野営になる事は一度もなかった。大変よくしてくれる人はたくさんいた。闇の深い場所は光も強かった。 3月のテネシー州は、晴れた日もまだ寒かった。吐く息は白く、雪の日はなかったものの、冷たい雨は身体にこたえた。その日は、どんよりとした重苦しい曇り空で、時折雨がしとしと降り、肌寒く、太陽のみえることのない一日だった。毎朝出発前に英語で当日の行程を説明するのだが、聞いたところで全部はわからないうえに、占領国の言語だとゆうことに少なくない抵抗感もあり、どうせ目の前にいくのだからといつも聞いていなかった。 南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経と連呼は続く。一行の空気が、天気と同じように重く感じられた。たしかに、いつもとは違うなにかがあるように感じた。あるカーブを曲がった時、それは突然やってきた。数台のパトカーと警察官、カメラマン等の報道関係者のような人達が道路の両脇に並んでいる。「Y12」と書かれた大きな看板。そこは、広島に投下された原子爆弾リトルボーイに搭載されたウランを濃縮した工場だった。「この白線を越えれば逮捕だ」そう言われた。ここは核開発に反対する人々が抗議の為、頻繁に逮捕をされるところだと聞かされた。その白線の内側の、厳重な工場入口ゲート前に陣取り、我々は南無妙法蓮華経を連呼していた。その間、工場へ出入りする車が、何台も何台もあとを絶たない。当時何も知らなかった僕は、原爆など過去のものだとゆう思い込みがあった。このY12が、現在稼働中で、ここオークリッジ(大戦中アトミックシティーと言われ米原爆製造極秘計画マンハッタンプロジェクトで建設された街。ウラン分解施設K25は当時世界最大の建築物だった)の経済の約8割を賄っているとのことに度肝をぬかされた。いかに平和ボケであったかということである。ビシュルは続いた。空気は、やはり重く感じた。小雨が皆の肩を濡らした。同じように涙が、自分の頬を濡らしていることに氣づくのに、そんなに時間はかからなかった。うすら重い悲しみが、去来するのを感じた。この悲しみは、いったいどこから来るのだろうか。当時惨禍にあった家族親戚友人がいるわけでなく、その後苦しみの最中に生きた人々を直接知っているわけでもなかった。心に感じる悲しみは、どこからともなくやってきた。なにかが泣いているのだ。僕は、その悲しみを受けて泣いているのだ。しとしとと降りそそぐこの雨のように。その日我々は、ただ、ただ南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経と唱えながら泣いていた。「二度とあるまじき」そんな言葉が涙とともに、雨のように降ってきたことを、今もこの瞬間に感じとることができる。 テネシー州は長かった。毎日毎日来る日も来る日もテネシー州のように感じられた。バージニア州に入った時にはもう肌寒さはきえ、陽射しは強くなってきていた。アメリカ合衆国は広い。毎日毎日歩けども歩けども続くなだらかな道は、どこまでもどこまでものび、田舎街をいくつも歩き去った。さして景色も変わらず、メンバーも変わらず、退屈な日々が続いた。4月になり東海岸ワシントンDCに着いた時、白人は赤く、日本人は真っ黒に日焼けしていた。 首都DCは巨大な建造物だらけだった。広大なナショナルモールを中心に開催された、10万人規模の平和集会に参加した。あれほどの人数が一同に会した場所には、あの時以来行ったことはない。ワシントン記念塔を望むステージの上で、我々は"火"の由来を話し平和を祈った。アーリントン墓地にも参った。ホワイトハウス前で反核抗議テントを設け、35年間の長きにわたり座り込みを続けられ、今年1月80歳で亡くなられたコンセプチオン・ピチオットさんを訪れた。彼女のたったひとりのその抗議行動は、多くの心ある人々の記憶に残り続ける。そして同時多発テロでやられたペンタゴンだ。飛行機が突っ込んだ跡がそのままだった。なぜWTCはあれほどまでに崩壊したのに、この地面にへばり張り付いた五角形の建物は、炎上もせず、穴が空いただけなのか不思議に思った。 大西洋側にでればゴールは目前に感じた。WALKはファンキーな黒人都市ボルチモア、フィラデルフィアを通り過ぎ、いよいよニューヨークに到着した。シティに入ると我々一行の人数はかなり増えた。そして、道ゆく人々が話しを聞きつけついてくるついてくる。先頭から振り返ると、膨れ上がった列の最後尾はみえなくなっているほどだった。すぐ行動にでれるアメリカ人の反応のよさは素晴らしい。自分の感覚に素直で、他の事を考えるすきなく動いてゆく。大国たる所以を感じた。そして、平和を希求する人々が、たくさんいることに少なからず感動を覚えた。この点は日本とは大違いだ。9.11 Ground 0は目前に迫った。寒い季節から歩きはじめ、雨の日も、風の日も、祈り、歩き続けてきた道もあと一歩となった。それなりに高揚しているのがわかった。しかし、やはりGround 0の空気は重く我々にのしかかった。立ち入り禁止区域を仕切る、借りこしらえの、そう高くない木壁には、所狭しと行方不明者を探す貼紙がはられ、供えられたたくさんの花束やぬいぐるみは周囲を埋め尽くしていた。巨大な穴ぼこの空いたWTCの直下は、痛々しい傷口そのもので、大型のユンボーが瓦礫を採掘している最中だった。いまだ冷めやらぬ大事件の悲しみが、まだまだあたりの空気を支配していた。我々は到着のセレモニーをここで催した。歩き終えた達成感はひとしおだった。 最後にひとりひとり"火"にお花を供えた。 何人かがスピーチをして平和を祈った。 セレモニーの終わりにはみんなで踊りPEACE WALKの成功を祝った。 我々にとっては、本当に平和な日々だった。 数日後、ひとつの"火"はニューヨーク州都アーバニー近郊にある、日本山妙法寺の仏舎利塔の前で、焚き火に点火された。5月の積雪の中、夜が白み、最後に消えゆくまで見守った。 もうひとつあった"火"はウランが採掘された先住民の聖地‪ビッグマウンテン‬で消された。日本にもどり、わからなかったことを調べはじめた。原子爆弾は、第二次世界大戦中アメリカの最高機密計画マンハッタンプロジェクトのなかで産声をあげる。1942年。第二次世界大戦の真っ只中。時の大統領フランクリン・ルーズベルトは、ドイツより先に原子爆弾を製造する目的で、アメリカはもちろんイギリス、カナダ、亡命ユダヤ人の優秀な科学者技術者達を総動員し、計画を急ピッチで進めた。最初に原子爆弾が炸裂したのは、計画開始から3年後の1945年7月16日。アリゾナ州の実験施設、トリニティーサイトでのことだった。その後、広島(当時広島にあった兵器学校の生徒には通達があり5日晩に避難したと聞いた。福島同様我々市民は被人体実験者なのか)長崎へと続くことになる。 皮肉なことに人類は、戦争のたびに技術力を向上させてきた。原子爆弾は、当時の様々な分野の技術と、人々の力の結晶だった。 爆発した原爆は、その場の地形を変え、すべてを焼き尽くし、吹き飛ばし、空気を、水を、大地を、人々を、生き物達を死滅させ、放射能まみれにし、その後も痛めつける。1961年10月。旧ソ連で実験されたツァーリボンバー(皇帝爆弾)は、人類史上最大威力の水素爆弾で、その衝撃波は地球を3周。2000km離れたところから確認できたとゆう。其の後世界は、ソビエト崩壊による東西冷戦終結により軍縮に踏み出し、核弾頭数は減ったものの、原爆投下から70年を迎えた2015年現在、約15700発の核弾頭がいまだ配備されている。 戦争というものは、支配の為、権力の為、利益の為、人為的になされる最も残酷で非道悲惨極まりないものである。人類は歴史上常に、この事象に悩まされ続けている。 そして、人類の抱える問題は、戦争だけにとどまる話ではなかった。平和利用という名目で、原子力エネルギーが発電に利用されはじめて5,60年、世界各地には約450基もの原子炉が建設された。永遠のような長期間放射線をだし続け、増える一方の核廃棄物の処理方法は、いまだ確立すらされていない。そして様々多種多様な乱獲、乱開発、乱廃棄等による影響は、地球規模で生態系の絶妙なバランスに亀裂をいれ、そのシステムを破壊し、すでに取り返しのつかない状況を数多くつくりだしていた。この星の生き物は、我々人類の愚行により、地球生命史上6回目と言われる大絶滅期の最中にあるという。その速度は、これまでの火山の噴火や隕石の落下による寒冷化などの天体的原因による、前の5回の絶滅期をはるかに凌駕するハイペースで現在進行中。20世紀に爆発的な勢いで増加した人口が、人間中心主義のもと、強力に拡大した技術力で経済を最優先させた結果、生命の生存する環境を、破壊し、汚染し続け、自らの生存にとってさえ危機的な状況をつくりだしているのだ。時代的に多少の見聞はあったにしても、調べてみれば、である。文字通り絶望であった。目の前の生活は過ぎていくので、問題意識を持ち、目を凝らさないかぎりみえてくることはなかった。しかし、それは間違いなく、我々の生活の結果としておこっていることなのだ。人間のその強欲。搾取し溜め込み、分配どころか騙し操作し支配し、毒まみれにし、病気にし儲け、扇動し戦争に掻き立て儲け、権力を拡大しさらに支配し、さらに搾取しようとするのである。民衆は生活の為、目先の金銭に囚われ、破壊と汚染の最前線にいる。日本では毎日仕事をすること、ただそれだけで美徳とされる。何をやっているのかを深く考えることもなしにだ。大半の人間は自分の行動と生活が、まさに環境破壊である自覚がない。か、非常に希薄である。このような人間の有様に動揺困惑し、心は完全にかき乱されズタズタになった。立ち直れない程の衝撃を、自分達人間からくらった。苦しむしかなかった。TVには助けられた反面、さらに絶望的な気持ちになった。彼らの馬鹿話しに、そんなことは一切関係ないからだ。そして、その現状を知らず、教えることもなく、僕を産み育てた両親の無責任さを怨み、楯突くこともあった。しかし大人達は、人間達は、社会は、皆あたりまえのように"生活"をしているだけで、目の前に危険が押し寄せでもしない限り、気がつく気配もない。むしろ知りたくないようだ。自らが人間であることを呪い、逃げられない現実から、逃げようとした。逃げつづけてやると思った。しかし、目をつぶりなにもしないことはできなかった。できるだけ小さく小さく生きようとした。都会から離れ山で生活をした。水を、土を、空気をなるべく汚さないように心がけた。この社会で育った自分が、人類社会から完全に隔絶した生活を営むことは不可能に近かった。ひとり無人島で生きたところで問題の解決にはならないこともわかりきっていた。 ずいぶんと時間がたったように思えた。 九州でアルバイトをしている時、TVではニュージーランドの地震が放映されていた。それを見る目は対岸の火事だった。3月に入り仕事は順調に進んでいた。その日は休日だった。2階で談笑している時、友人が「今、ゆれた」と言った。僕は何も感じなかった。かくべつなんともなかったので時間は過ぎていった。なにかの用で下の階に行った時、他の仲間達がTVに釘付けになっていた。覗いてみると、火のついた家々が大きな波に流されている。3.11だった。阪神淡路大震災の時よりも強い衝撃が、僕の心を打った。波にすべて飲み込まれゆく寒い東北の人々を思った。皆、動揺はかくせなかった。TVの前で泣きぐずれ、感極まって声をあげるものもいた。対岸の火事に感じることはできなかった。東北の友人にかけた電話が通じることはなかった。家中が震撼した。暗い時間が流れた。原発を心配する声はすぐにあがっていた。それなりの知識は皆が共有していた。胸はじくじくとしていた。TVの前から離れることはなかった。以前から、すこしは事故の懸念を抱いてはいたが、今日という日に準備はなかった。打撃のような感覚が身体の中を走った。身震いがした。Xデーはついに訪れた。2011年3月12日。家中の窓を閉めた。東北関東に住む友人達に、避難を進める電話をした。1986年4月26日。チェルノブイリとともに、自らの病のことを思いだした。1988年の夏休みだった。はじめは激しい運動をすると、凄まじい目まいがとまらなくなった。しばらくすると運動自体だめになった。授業中も放心状態になるようになった。まっすぐ歩けなくなった。動くだけで吐くようになった。親に話すと病院へ連れていかれた。当時は、最先端技術だったCT検査をした。頭蓋骨の中、脳みそとの間に周囲9cmの腫瘍が発見された。子供が脳腫瘍になることはないといわれた。即入院だった。寝たきりになり、病床の上で苦しみの波に襲われた。気持ちだけは負けないようにすることしかできなかった。身体はみるみる衰弱していった。死にむかっていることが、我が身において実感できた。手術室に入る時、母は大泣きしていた。「泣かんでいい」と言いのこし手術台に運ばれた。煌々と輝くいくつもの丸いライトが眩しかった。すぐにとけるように意識はなくなっていった。2回に及ぶ手術は大成功した。ぴくりとも動けない身体と、激しい痛みだけの日々が続いた。いまだ寝たきりの時昭和天皇が崩御した。唯一の楽しみだったテレビの全てのチャンネルは、あえなく裕仁に占領された。苦しく、辛くあったが順調に回復した。同じ病棟の人達が様々な症状に喘ぐなか、懸念されていた後遺症もまったくなく中学生活にもどれた。大好きだったバスケもできるようになった。原因は不明とのことだった。 ざわめきは続いていた。どこにいっても、地震と放射能の話題でもちきりだった。余波を心に強く受けつつ、皆できるだけの情報を集めもちよった。原子炉の崩壊はひとつだけにとどまらなかった。政府の発表と対応は、本当に馬鹿げたものでしかなかった。大地震の被災者は、さらに被爆者にされた。悲しみと怒りと憤りが、 一気にこみあげた。今度は危機が足元に押し寄せていた。どうにかしなければと思った。もう、どうにかするしかなかった。当時住居のあった関西。奈良でも京都でも大阪でも滋賀でも、ガイガーカウンターは九州より高い数値をはじきだした。オーストラリア大使館に放射能難民の打診をしたが無視された。お金もさしてなかった。二度と苦しみたくはなかった。荷物をまとめて関西をあとにするしか、方法はなかった。紀伊半島の太平洋岸に住む両親を説得できなかった。ひとり、西に向かった。 九州に移ってから、この国に再び戦前のような空気が、濃く立ち込めるようになった。 戦争の息吹きが感じられた。与党が暴走をはじめ、様々な法案が強行に採決されていくようになった。100年前に後退するかのような政策方針には心底驚いた。そして、福島の人々が苦しむ中、原子力発電所が再稼働されようとしていた。目前に死の臭いがたちこめてきた。まさか再びこんな国になるとは夢にも思っていなかった。大多数の民衆は、それでもまだわからないようだった。70年間の平和の毒は、国民を十二分に蝕んでいた。ほんとうに知りもしない無関心者が、圧倒的大多数だと感じられた。国防の観点から政府の方針に賛同する人達もいた。どこまでいっても強欲な儲け主義。他の生き物に、なんの考慮もしない、人間中心主義の議論しかなされることはなかった。日本は、急転直下落日へと向かっているように思えた。無気力で自分達の安穏な生活から抜け出そうとしない多くの人々の存在は、さらに僕の絶望に拍車をかけた。支配者の存在は市民にとって悪魔であり、そして人間の存在は地球生態系にとって、まさに悪魔大王でしかない。都市の景観を思い浮かべてほしい。あれはすべて、地表を掘り起こし削り取ったものでできている。人間の棲息する空間ほぼすべてだ。どれだけ移動しても家家家。あれだけの建造物を、あれだけの道路や線路を"つくる"為にいったいどれだけを掘り起こし、無駄としたものをどれだけ廃棄し続けているのか。スーパーや量販店の、あれだけの物量を日常的に溢れさせる為に、いったいどれだけの農地や工場を乱立させなければならないのか。この星の夜景は、人口の光に煌々と照らされ、世界地図を描く。70億を超えた人々が、この社会システムのもと、物質的豊かさを求め続け、大量生産大量消費の生活を、毎日送っているのだ。この時ばかりは完全に自暴自棄になった。無気力で食事をとることもしなくなった。このまま朽ちていこうと、何度も考えた。この社会システムに生きる限り、我々人間ひとりひとりの存在が、生態系への破壊と汚染を意味することを重々理解している。しかし、一人死んだことろで雀の涙。自ら死を選ぶとゆうことは、震災後2箇所に癌を併発し闘病している母親と、看病と家事をしている父を悲しませるだけでなく、すべてを放棄した無責任な個人的逃避行でしかない。そして、なにより生きることへの敗北を意味する。最も重要なことは、"我々ひとりひとりのひとつひとつの選択は、我々人間社会に影響を及ぼすだけでなく、我々地球生命全体の未来に大きな影響を及ぼす"ということだ。必ずいつかは死ぬ身である。空しさは強くつきまとったが、自分の命の責任を全うする為、子供達に未来をのこす為、問題を解決する様、少しでも行動する道を選択した。 2015年7月。安保法制が衆議院を通過する時、国会前にかけつけた。多くの人々が集結している姿をみて勇気づけられた。が、目の前で強行採決された。8月。猛暑のなか鹿児島に到着した。が、目の前で川内原発は再稼働した。9月。参議院通過時も国会前に向かった。が、山口県で喘息の発作で緊急入院。病床にて、読みかけの文献からGHQ戦後占領政策による日本国憲法成立を読破した。自由を謳歌し贅沢の限りを尽くし、すべて自分の判断で選択し、生きてきたつもりだった。が、アメリカの掌の上においてであった。翌日安保法制が強行採決された。ほんとうに、たくさんの死体の上に築かれ、戦争放棄と明文化されている憲法第9条が骨抜きにされた。戦後は終わりを告げた。そのうえ、改悪改憲までなされようとしていた。一週間で退院できた。病院から、すこし車を走らせたところに、大日本帝国憲法の生みの親、初代内閣総理大臣伊藤博文記念館はあった。その庭には「悠然天地心」第90代内閣総理大臣安倍晋三。そう刻まれた石碑が建てられていた。憲法とは、権力者を縛るものである。なぜに軍人、統治者、政治家が手をだすのか。当然ながら被支配者被権力者である市民の考えた憲法にすべきだ。主権在民である。この本は、すこしでも、殺し合い奪い合うことのない世界になることを、すこしでも、いたわり合い与え合う世界になることを夢見、地球生態系システムに即した、人類の文明を探求する一人間一日本人の考察だ。厳しい現実のなか、単なる夢想に終わるであろうことは容易に考えられる。が、しかし、 成そうとしなければ成ることはない。 過ちを、苦しみを、悲しみを、残虐を、非道を、度重なる愚行を、二度と繰り返さない為、繰り返させない為に、我々地球人類は、何を成し、何を成さぬようにすればよいのか。 人類の進化を信じて。2016年冬大分にて。 アメリカに渡ってから14年が経過し、 この本の着想からも11年の月日が流れている。その間に蹂躙され息絶えた生命は、いったいどれだけの数にのぼるのだろうか。現在1年で約4万種の生命が絶滅していると言われている。まだまだ地球上には素晴らしい場所がいくつもある。その生命の楽園が、なくならないうちになんとかしなければならない。 九州島へは今も、東日本からの避難民が、後を断つことはない。 もくじ 1.宇宙と地球の歴史 2.地球生命の歴史と地球生態系システム 3.地球人類の歴史 4.人間とは 5.地球憲法 1.宇宙と地球の歴史 爆発につぐ爆発のなかで、重苦しい現実を直視してきた。これから考察をはじめる手はじめに、まず、我々生命の住むこの地球は、いったいどのようなところに存在しているのかをみていきたい。と、いってもまた爆発からはじまる。 1929年。アメリカの天文学者ハッブルが、遠距離にある天体のほうが、速い速度で遠ざかっていることを発見した。そのことにより、一点から宇宙が発生したと考えられるようになり、ガモフというアメリカの学者が宇宙ビックバン誕生説を唱えた。ビックバンは約137億年前におこったとNASAは言っている。100兆分の1秒のさらにそこから1兆分の1秒の頃の超原始時代に、しわくちゃだった宇宙は、その速度をかえながら膨張し続け、現在は平坦な空間を成していると言われている。電波望遠鏡で光や電波を用い観測した結果、38万歳の宇宙は、現在の冷たいそれとは異なり熱かったらしい。約10億年くらいして原始銀河団といわれるものが誕生し、星々が誕生したのは約50億年後。太陽系ができたのは約100億年たってからだとされている。そして地球は、発見された鉱物から試算して約46億歳と言われている。地球生命は約40億歳弱。宇宙を構成している物質は約4%が原子でできていて、のこり23%ダークマター、73%ダークエネルギーというなんだかよくわからないものらしい。1930年代に銀河団の観測により、知られるようになったダークマターは宇宙を構成する主役であり、それがなければ星も銀河も、我々地球生命も生まれなかったとされている。ダークマターの存在により、銀河は形態を保っている。銀河と銀河との位置的関係にも、重力的な役割があるとされている。要するに、太陽系が天の川銀河の外へ飛びたさないということは、現在観測できる物質の、約5倍の質量があるとされる、この暗黒物質の重力の作用だということだ。ビックバンから生まれたとされる、ダークマターとゆう素粒子が集まったことにより、そこに重力場ができ、さらに原子がすいよせられることにより、星々ができたとされている。そしてそれは宇宙空間に遍満し、今も我々の体をすりぬけていっていると言う。日進月歩研究は進んでいる。が、137億年と言われる宇宙の歴史は、たったこれほどのことしかわからない。本当のところ確実なことはまだまだ解明されてはおらず、他の様々な説や理論も、その域をでないことだらけなのである。我々地球人類がわかっていることは、たった何千年かの自分達の歴史、その間に自然を観測し、分析された諸々の法則や定理、我々の創り出した文化文明、我々人間はこの星の表面に何百万年単位で存在しているだろうこと。あとは地球の構造や他の生命、生態系についての観測結果くらいである。それも全体像が把握できているわけではない。我々はどこでどのように生まれ、いったい何者なのか?ということにも答えを見つけ出せないでいる。数1000億単位の星々から成るとされている様々な形状の銀河が、この宇宙のなかに数億数兆数京数垓あるのかもわからない。宇宙の果てを観測することもできなければ、宇宙のどのあたりに我々の天の川銀河があるかもわからない。当然ながら全宇宙図など不明である。我々のディスク状渦巻き銀河は、秒速220kmで回転していて、太陽系はその尾の先端に位置し、中心部から約28000光年(一光年=9兆4600億km)離れている。地球から太陽までは光速(光の進む速度。時速約10億8千万km)で約8分。もっとも離れている海王星までは光速約‪4時‬間の距離にある。地球の自転速度は赤道付近で時速約1,674km。太陽の周りをまわる公転速度時速約1万8,000km。太陽系は天の川銀河の中を、時速約86万4,000kmで移動中。太陽系は、約2億3000万年かけて直径約10万光年の天の川銀河を公転。太陽系ができてからまだ20~25回程しか周回していないという。天の川銀河は、宇宙空間をうみへび座の方向へ時速約216万kmで移動しているとの説がある。ということは1日5184万km 1年189億km宇宙を移動しながら、天の川銀河の中心をぐるぐる周りながら、太陽を中心にぐるぐる周り、さらに地球自体がぐるぐるぐるぐるとずっとずっとずっと周っているのだ。その表面で、我々は日常生活をおくっている。すごいではないか。宇宙の星々は恒星や銀河を中心に、地球人感覚では凄まじい超速度でぐるぐる回転して螺旋を描きながら宇宙空間を超々高速移動中なのだ。そして、お隣のアンドロメダ銀河は時速約43万9,200kmで我々の天の川銀河に接近しているらしく、約40億年以内に、こちらの銀河と衝突する可能性があるのだ。しかも星々の衝突の可能性は低いらしく、さらに衝突から約20億年後には、ひとつの楕円銀河になるのではないかとの予測がある。その名前はミルコメダと言うらしい。凄い。付近の銀河だけでこの有様だ。凄まじすぎる。我々のスケールのなんとちっぽけなことか。地球人類は、どれだけ蘊蓄をかましたところで、この超膨大で超広大な宇宙空間において、どこで、何の為に、自分達が存在しているかも解らない状態でありながら、太陽光線とそれを受ける地球との関係により生成され、眼前に広がる有限かつ、文字通り自らを形成している地球生態系環境を、好き放題無責任に乱獲乱開発乱廃棄し、汚染と破壊の限りを尽くし、自分達を存立の危機に落とし込め続ける、宇宙の片隅の彷徨える野蛮人なのだ。ちっぽけな天の川銀河の先っちょにある、さらにちっぽけな太陽系からすらも出たこともなく、宇宙的には、完全なる未開人である我々地球人が、宇宙人の存在云々との議論をしている。地球生命は約一億種と言われ、個体数は把握できない程多種多様様々に水陸海空に展開し、地球上全体に棲息している。凄まじく超膨大な数の星々にも、多種多様様々に生命体が棲息している、と考えるのが妥当だろう。 2004年9月。長野でふと空をみた時、正面にあったUFOは、逆ピラミッド形態で全鏡面。遠くの雲が、近くの雲とは角度を変え、小さく写り込んでいた。白昼無音。空中に静止状態で約1分間浮かんでいた。こちらが目視するのが疲れてきた頃、下部頂点の先端に漆黒円形の穴ができた瞬間、そこから虹の輪を、屁のように吐きだして消えた。僕と、その飛行物体の距離と角度も絶妙の位置にあったと思われる。外装が全鏡面であった為、近寄りすぎると地表面が映り込み、カメレオン効果がなくなってしまう。虹の輪にはただ驚かされただけだったが、なんらかのメッセージに感じとれた。相当な文明の発育度を感じずにはいられない現象だった。彼らのような超知的生命体(搭乗または操縦運転しているなにかが目視できたわけではないが)から我々地球人はいったいどのように見えているのだろうか。確実に観察されていた。と推測する。 さて、では地球はいったいどのように現在のような姿形になったのか。これはもうちょっとわかっている。46億歳。とにかく果てしなく長い時間を感じる。人間感覚では億も兆もひとまとめに膨大の一言で終わってしまうが、それは身体を基準とした空間的時間的感覚から生じるものである。目を閉じればわかるように、ただ真っ暗なだけではなく、人間の精神世界は永遠無限に広がっている。果てなどはない。感情に流されることがなければ冷静な感覚世界が広がっている。このような思考や感覚のギアチェンジが今後人類には必要になる。なにかを理解しようとする時、人間は必ずこのようなギアチェンジまたはシフトアップ、バージョンアップ、アップデートを繰り返している。そして、なにかを理解しようとするその対象はすべからく宇宙でしかないのだ。(精神世界のような内宇宙は次元が違うのではないか)本来的に我々はどんな小さなこと(ミクロの世界)でも大きなこと(マクロの世界)でも、空想も、現実も、見えるもの聞こえるもの触れるもの五感で感知(それ以外に我々は宇宙を理解する術はない)できることも、思考も、すべて、我々の存在自体が宇宙そのものなのである。個体の違いはあるが、本来なんの分け隔てもない。そして宇宙は五感では感知できないものや、この空間とは違う、異次元と呼ばれるものまでがもともと存在するらしい。はじめは誰一人歩けなかったように、我々が知ることが後なのである。現在まで文明が成長してからしか感知できない世界がある。好奇心をなくし、信じることもせず、ほんとうにちっぽけな自分の常識と感覚のからに閉じ籠ることは進化や成長を自ら断絶する行為にほかならない。宇宙そして世界は、視点と心を変えただけで、まったく違うように映る。それを人間は忘れてはならない。この宏大な宇宙の、彷徨える野蛮人から脱出するために。 特別な人もいるのだろうが、我々は生まれて物心がついた時には、いまだ自分が人間であることを知らない。一部ではこの星を選んで生まれてきているというが、その自らの意志を記憶している人に会ったことはない。僕の場合も当然そうで、氣がつけば人で、しかも私であり、話せるようになり読み書きを覚える頃に日本人であることを知る。大人になり広く状況を知るようになれば、凄まじい時代に生きていることを知る。超広大無辺なこの宇宙の中で、地球人類の社会に地球生態系の中に突然現れる。人生と同じように後悔はできるが後戻りはできない。この世から離脱する能力は備えられてはいるものの、いったいどうしてこの星に誕生したのか。それは水の流れのように自然な物理法則か、"なにか"の意志が介在してのことなのか、たんなる両親の日課の結果か。どちらにしても、 この宇宙の航行のひとつの出来事のようだ。 つづく

CONTACT

 

© 2014 FEBO. ALL RIGHTS RESERVED.